Stone Island

By Sportwear Company S.p.A

free - in Google Playon Apple Store

私の家族はアパレル産業に深く根差しています。 19世紀、Giovanni Battistaの息子Giuseppe Rivettiはイタリア初の梳綿機のオペレーターで、父親の情熱を引き継ぎ自身のウール工場を設立するために家族の農場から牛をこっそりと販売し織機を購入しました。 そして1872年には彼は自分のウール工場を設立しました。 “Giuseppe Rivetti e Figli”は、その後、トリノに拠点を構えるGFTグループ(Gruppo Finanziario Tessile)と合併しました。 そこで私の叔父Pinotは、ウール生地にゴム引きをすることで生地の性能を高めるというユニークなアイデアを持っていました。 研究好きは私の父Silvioも同じでした。 戦後直後の時期に彼はアメリカへ渡り、Palm Beach社を見つけました。この会社は、論理的な計測に基づいた、当時のヨーロッパにはまだ存在していなかった方法で衣服を製造していました。これが現在サイズと呼ばれるものです。 父は衝撃を受け工員として6か月間働き、その後、帰国してGFTを買収するために兄弟たちにウール工場の株式を提供するように説得しました。

1950年代初めにGFTは25,000人以上のイタリア人を測定し、オーダーメイドではない衣服で初めて、すべての国民が効率的に着用できる衣服を作り上げました。

1973年のオイルショックは厳しい不況をもたらし、売り上げ回復のために対策を講じる必要がありました。 私の従兄弟Marco Rivettiは、前年に買収したレディース向けアウターウェアを手掛ける会社で働くフランス人デザイナーに注目しました。 彼はパリで衣服のデザインや採寸、発注を行い、我々の会社が生産を手掛けていました。 彼の名はEmanuel Ungaroでした。 彼は我々に、業界で生き残っていく上でアパレル産業に根本的に欠かせないもの、すなわち「ファッション」をプラスする必要があることを認識させてくれました。 結果としてGFTはイタリアファッション界の希望の星であったGiorgio ArmaniやValentinoのライセンシーとなりました。 イタリアンメイドのプレタポルテの台頭は、企業家としての能力と創造性のコンビネーションのたまものでした。

私は1975年にGFTに入社しました。 70年代の終わりに、私はグループ内で新たな領域をスタートさせようと考えました。それは、よりタイムレスなスポーツウェアでした。 私は1980年代始めにC.P.のことを知りました。 この会社は、業界では最先端で革新的な企業として知られていました。 Trabaldo Tognaと、グラフィックアーティストでデザイナー兼アートディレクターのMassimo Ostiによって所有されていました。 我々は1983年にまず50%、その後、会社全体を買収しました。 これが私の旅の出発点でした。 私は1993年にGFTを退職し、妹のCristinaとともに、現在Sportswear Companyとして知られるC.P.を完全に買収しました。

私がMassimo Ostiに出会ったのは1983年で、彼は1年前に偶然の賜物としてStone Islandを設立していました。 “Tela Stella”と名付けられた特別な生地が会社に届きました。この生地は各サイドで別々の色を持ち、トラックの防水布を作るのに使用されるものでした。 この生地の効果はとても興味深いものでしたが、既存のC.P.のラインでは 扱えないものでした。 Ostiはその生地で特別なことをしようと考え、わずか7着のジャケットのコレクションを作りました。 コレクションはミリタリースタイルを色濃く取り入れており、現在ではブランドの象徴として広く知られるミリタリーバッジから着想を得たバッジを付けました。 コンパスは、海への愛と継続的な研究にまっすぐに突き進むという目的を象徴しています。

Massimoは業界の誰よりも少なくとも10年以上先を行っていました。 彼は自身をファッションデザイナーというよりは、プロデューサーとして考えていました。 Stone Islandの設立という彼の業績は、単に魅力的で販売しやすいものというだけでなく、インフォーマルウェアに対する彼の信念に忠実に従ったものでした。 彼のアイデアは、継続的なテキスタイル研究と、ミリタリーとワークウェアから生まれたものでした。

90年代半ばMassimoと我々の方向性が徐々にかけ離れていき、私はStone Islandの新たなデザイナーを見つけなければならないという難題にぶつかりました。 1994年にミュンヘンの展示会を歩き回っている時に、イギリス人デザイナーでイタリアのサンタルカンジェロ・ディ・ロマーニャに住むPaul Harveyの作品に出合いました。 私は親しみ溢れる不思議な感覚に心を打たれこう叫びました。 「21世紀のStoneがここにある!」 1996年からPaulとともに我々はブランドの第2幕に着手しました。

Paulは24コレクションをデザインし、革新と研究がそれぞれに見られ、Stone Islandを常に他とは一線を画したものにしていました。 彼もまた類まれな人物でした。 Central Saint Martins卒業後、ファッションは彼のキャリアパスではないと考え、トラックの運転手として働いていたのです! 彼は素敵なイタリア女性と結婚しイタリアに移り住んで初めて衣服をデザインし始めました。 彼のデザインへのアプローチは機能性を生まれながらにして持っており、それにより彼はStone Islandを完璧に表現することができました。 優れた能力で彼はブランドを新しい世紀に導きました。

12年という素晴らしい歳月の後、Paulは「地球に貢献する」ためにファッション界を去らなければなりませんでした。 そのような壮大な熱意を前に、私は彼の決断を受け入れ支援するしかできませんでした。 その瞬間、私は再び重要な決断に迫られ、「一人の人間が指揮を執る」時代は終焉したという結論に達しました。 そして時代は変わりました。 まさに現代的であるためには多文化的であることが必要でした。 私はデザインチームを立ち上げました。 この時代には様々な考えやビジョンを持つことによってのみ、世界のあらゆる状況に直面することが可能だと考えたのです。そしてこの考えは2008年から現在までStone Islandに息づいています。

私はコーチのような気持がしています。 戦う相手によって、誰をピッチに送るか決定します。 我々はより敏感で、迅速、そして、すぐに強みと弱みのサインをつかみ取れるようにならなければいけません。 結果として、我々は世界を旅し、異なる視点から状況を見ることができる多文化的な人々を必要としています。それは異なる年齢の異なる文化を持つ人々です。
これが、私の簡単な歴史です。 私は、我々みんなを1つにする共通のテーマがあると思いたいです。 継続的な実験や研究への欲望は、健康的な狂気感がないとできません。それがStone Islandを単なる服飾ブランド以上の存在にする特別なものなのです。